不倫思考

既婚の彼氏への誕生日プレゼント 私が考えた候補と実際に送ったもの

既婚彼氏への誕生日プレゼント

自分自身、もうアラフィフで誕生日何かめでたくもなんともないわい!って感じだったのですが。
でも今の彼氏が出来てから、彼氏に「誕生日おめでとう」と言われた時は久々に誕生日が嬉しいものになりました(笑)

だからこそ私も彼の誕生日をお祝いして嬉しい気持ちになってもらいたい!
すごく高価なものは用意できないし、不倫恋愛なのであんまりハッキリ形が残るものは用意できないけれど…

でも何かしら彼の心に残るものはないかな、と。

ということで、今回は既婚男性の彼氏に贈るプレゼントの話。
私が悩んで候補に挙げたものと実際に渡したものをメモとして残しておきますね。

既婚男性の彼氏の誕生日プレゼントで私が贈ろうと考えたもの一覧

彼への誕生日プレゼントで私が贈ろうと思ったのはこんな感じ。

  • ハンカチ(タオル)
  • ブックカバー
  • 茶香炉
  • マフラー
  • 万年筆
  • ペンケース
  • キーケース
  • 自分自身

形に残るものは贈りづらい、と書きつつ形に残る物ばっかりですね(笑)
一つずつ、何で贈ろうかと思ったか簡単に書いてみます。

ハンカチ(タオル)

よく「ハンカチは別れの涙をふくものだから恋人のプレゼントとしてNG」と言われますが、別に私は信じてないので(笑)
むしろハンカチってお手洗いのたびに使うし小物で使いやすいしいいと思うんですよね。

たくさんあっても困らないし、表に見えない所だから他の人にも怪しまれないし。
というわけでハンカチって結構私の中では有力な候補でした。

あと、彼はゴルフとかも趣味なのでハンドタオルみたいなのも候補でしたね。

ブックカバー

本が好きな人なのでブックカバー。
価格は安いですけれど、色んなオシャレなのありますしね。

ブックカバーのチョイスそのものがちょっとおしゃれ感あると思いません?
そうでもない?(笑)

本そのものをプレゼントするって案もありました。
まぁ私よりもたくさん本を読んでるので、お眼鏡にかなう本じゃないと困るなあって気持ちはあるのですが。

でも自分が好きな本を送って彼もその本を好きになってくれたら、同じ世界を好きになった感じがして嬉しいですよね。

茶香炉

茶香炉というのはアロマディフューザーのお茶版って感じのやつ。
実際にお茶葉を加熱して香りを出すやつです。

これはモロに家で使うやつなので、奥様に突っ込まれる恐れがあるのがちょっと難点ですが、贈り物としては50代の既婚男性にちょうど良い渋いプレゼントかなーって。

マフラー

彼の誕生日が寒い時期ということもあって、マフラーも候補です。
本当は手編みマフラーを送ってあげたいのですけれど、私は特に手編みマフラーって得意じゃないですし、そんな私が編むと手作り感が思いっきり出ちゃうと思ったので…。

普通にブランドのマフラーを贈ろうかなーって思いました。

万年筆

「50代 プレゼント」でグーグル検索すると大体上の方に出てくる万年筆。
まぁアリっちゃアリなのかもしれませんが、何分万年筆に疎いので、何を選べばいいかわかんないのが困るポイントです(^^;

あと、私の彼って結構家具とかにも詳しくて、そんな彼なので万年筆とかにもこだわりとかある気がして…。
ちょっと万年筆を選ぶのはプレッシャーな感じです。

ペンケース

ペンケースもなかなか自分では買わないのでプレゼントしたら嬉しいとは思うのですが、そもそもペンケースって今時頻繁に使うのか?
そして使うのであればもうすでにこだわりのものを持ってたりするのでは?

ということで、候補には上がったけどこれは早々に流れました。

キーケース

○○ケース系は表に出ないし、「自分で買ったんだよ」の言い訳がしやすいので候補にあがりやすいです。

キーケースはペンケースよりもあったら使う度は高い点は良いな~って思います。
それに仕事の一環にもなるペンケースよりキーケースの方がまだプライベート感がある分、ダメージ少なそうだし。

キーケースは候補としては残りますね。

自分自身

あの、アラフィフの女が何考えてんだって感じだと思うんですけど…。

自分にリボンを付けて「私がプレゼント」って…。
やろうと思いまして…。

すみません、恥ずかしいです…。
でも真面目に考えたし、最終候補まで残りました。

最終的に贈ったものとその理由

これらの候補の中から最終的に何を贈ったのか?
彼の誕生日はこれまで2回ありました。

1回目は…ハンカチでした。
先ほども書きましたが私はハンカチを送るのは恋人として縁起が良くない説はあんま信じてないので。

まぁ結果的にそのハンカチは喜んでくれたし、でも一方でその半年後にハンカチ関係なく別れる寸前までいったので、もしかしたら本当にまずかったのかもですが。

柊ちはる

まぁ実際別れの寸前までになった一番の原因は『コロナ』だったので、全然関係ないとは思います。

んで、2回目は…自分自身です(笑)

や、これはですね。
実は自分自身だけじゃなくて、その日のデートとして手作りケーキを作ったんですよ。
で、ホテルで手作りケーキを食べつつ、ウケ狙いで自分にリボンを付けてプレゼントです、とやったわけです。

私、馬鹿ですねー(笑)

正直、付き合った当初とか付き合って1回目の誕生日ではできなかったと思うのですが、2回目の誕生日の時はそういうのも笑って受け止めてくれるだろうって確信があったので。

それでやっちまいました。

結果は…ケーキも私もちゃんと食べてくれましたよ。

むすび:神経質になりすぎなくてもいい気はします

正直、彼の誕生日プレゼントを考えるにあたって、

  • 形に残るもの
  • あまり表に出ないもの
  • 家で堂々と取り出せないもの
  • 縁起やメッセージ性が悪いもの

なんて条件の縛りを付けてしまうと、もうプレゼントの候補なんてない気がします。

だからあまり神経質になりすぎなくてもいいのかな、と。
もちろんゴリッゴリの手編みセーター(ハート付き)とかはまずいと思うんですけど、もう少し条件的には妥協してもいいと思います。

例えばよくネクタイとか奥さんにバレる!って言われますけど、ネクタイなんて複数持つのが当たり前だし、自分で気に入ったの買ったって言い訳もできるし、いうほど悪くないと思うんですけどね。

私はセンス良いネクタイ選ぶ自信がなかったので候補外でしたけど。

まずはとにかく贈りたいものを思いつくまま片っ端から考えてそこから絞るといいと思います。