不倫思考

既婚男性の彼が「予定分かったら連絡する」と言ったけど連絡来ない時に私がしたこと

既婚男性から予定分かったら連絡するって言ったけど連絡しない

私は今既婚男性の彼氏がいます。

この彼氏が忙しい人なうえにあまりlineが好きではないので、時として連絡が雑になることも結構あります。
それは付き合う前からそうです。

そんな彼から一度付き合う前のやり取りの中で「予定分かったら連絡するね!」と言ってから1週間近く連絡がなかったことがあります。

付き合う前だから変に急かしちゃっても悪いけど、でもこのまま連絡がない不安を我慢するのも結構しんどい…。

そんな時私がやったこととか彼の反応から思ったことを書いてみます。

私が彼に連絡をした理由

彼から「予定分かったら連絡する」と言われた後、選択肢は結局二つしかありません。
「連絡する」か「連絡しない」か、です。

で、私はどうしたのかというと…。
連絡、しました。

なんで連絡することにしたのかというと、私の中では連絡して怒られることより連絡がないのが当たり前みたいになっちゃう方が怖いな、って思ったからです。

特にこの彼の場合、恋愛的にがっついてきているというよりも、友達的な感じで接してきている感じの印象でした。
だからその分ちょっと気分が変わったらつながりもあっさり断たれちゃうような怖さがあったのです。

既婚男性ということもあり、私との関わりが薄くなればその分「やっぱり不倫はやめとこう」的な考えになっちゃう可能性も大きくなっちゃうかも、という不安もありました。

そんな怖さや不安から、連絡をする方の選択肢を選びました。

後は、連絡して怒られる方がましだと思いつつ、連絡しても怒らない人なんじゃないか、という希望的観測もありました。

柊ちはる

実際、基本的には穏やかな人ですしね。

私はどのように連絡が来ない既婚男性に連絡したか?

私が立てた作戦として大事にしたのは「連絡がない事は一切触れない」ということです。

私は別に予定を早く知りたいわけじゃなくて、とにかく連絡が欲しいのです。
彼に「予定がわかるまでは連絡できない」と思わせるんじゃなくて、「予定がわかんなくてもとりあえず連絡していい」と思って欲しいのです。

だからデートのこととかは一切関連がない話題でLineをしてみました。
ちょうど可愛い動物の形をした和菓子を貰ったので、その写真を撮って「可愛くて美味しいやつです!」みたいな感じで送りました。

そしたら
「食べちゃうのかわいそうです(笑)でも美味しそうですね」
と何と何事もなかったかのように返信がありました!

あまりにも何事もない感じなので、逆に面食らっちゃっいました。
その流れでつい「連絡とれてよかった」的なことを言いそうになりましたが、それは責める感じになっちゃうかと思い自重しました。

これは正直送った内容が良かったとかではなかったと思います(笑)
ただ、送った時点で連絡そのものはできる状態ではあったけど、まだ予定がわからないから彼のほうからは連絡しにくい。
そこに私からの連絡が来て、とりあえず返信できる内容だったからただ返信しただけ、という感じ。

柊ちはる

元々予定がある時とか明確な話題がある時じゃないと連絡しない人ですしね

その証拠に、そんなやり取りがあったあと、無事元に戻れたかというと…。
また連絡ない状態になっちゃいましたから(涙

だけど、またその3日後に同じように連絡したら…。
また普通に連絡があって、そこからはなぜか普通にやり取りできるようになり、ほどなくして「次の予定」もわかって無事デートの約束もできました。

結果的に大成功…とまでは言えないかもしれませんが、連絡をせずに悶々としてるよりかは、少なくとも私の気持ち的にはだいぶ楽になりました。

まぁだから一応成功…かな?(笑)

ただ、この連絡しない時期に関しては仕事の忙しさだけじゃなくてもう一つ彼なりに狙いがあったと私は思っています。その話はまた別記事にて書いたので良ければご覧ください。

⇒彼が気持ちにブレーキをかけてると思った時の話(後日追加予定)

逆ギレされてたら今頃別れてたかも(笑)

連絡したときに「忙しいって言ったよね?」みたいな感じで言われたらいやだなあ~って思ってました。
実際言われなくてすごくホッとしました。

だけど、今改めて思うと、もしそんな風に言われたり逆ギレされたら、その後連絡するのに一々彼の機嫌を考えなきゃいけなくなりますよね。

それってすごくストレスだし、私の中の「あんまり私のこと好きじゃないのかも」スイッチが押されちゃって、結局不信感が高まってもしかしたら今頃別れてたかもしれません。

完璧な人間などいないので、ダメな部分も当然受け入れる必要はあるのですが、受け入れられるダメと受け入れられないダメがあります。

そして「連絡したら逆ギレする」というのは私の中では受け入れられないダメな部分の一つです。

むすび:催促はしないほうがいいけど、連絡はしたほうがいいのでは

男性って基本的に「ああして、こうして」と言われるのを嫌がりますよね。
特に連絡関連で「こうしてほしい」っていうのは大抵素直には受け取ってもらえません。

私も今回は催促したりしなかったけど、別の場面ではもう少し連絡してほしいと言ったり、おはようおやすみlineをしたいって言ったこともあります。
だけど結局それらの「してほしい」は今全部やれてませんからね(笑)

だから連絡関連はやっぱり急かしたりはしないほうがいいんですけど…。
でも連絡がない時にこちらからあれこれと配慮してあげて連絡しない、というのは配慮しすぎな気がします。

既に彼氏という関係ならもちろん、これから彼氏になる人なのであれば、連絡を嫌がるようじゃやっていくの難しいですよね。
それもしつこく連絡するんじゃなくてしばらく連絡ない中でちょろっと連絡するくらいなんですから。

柊ちはる

1日に50文字にも満たないメッセージを送るのに躊躇する交際関係はやっぱり打ち破っていきたいと私は思うのです。

既婚男性は定期的に連絡するなりして繋がっておくことってかなり大事です。
繋がりが薄くなると、どんどん日常に慣れてしまいます。
日常に慣れると「あえてリスクを取って恋愛する意味あるのかな」なんて余計なことを考えだすんです。

予定分かったら連絡する⇒連絡来ないという状態は特に既婚男性の場合はフェードアウトの第一歩になっちゃうかもなので、私はやっぱり連絡したほうがいいに一票ですね。

というわけで、今回は私が彼と付き合う前に「予定分かったら連絡する」と言われたのに連絡が来なかった時に思ったことやしたことの話でした。