独身男性(桐谷さん)との恋愛

桐谷さんとの2回目デート後の私の気持ち 心はかなり傾きつつあり…

桐谷さんとの2回目のデートは水族館という”Theデート!”的感じでした。

でも2回目ということで最初のスキンシップの一歩先…。
手をつなぐ、を達成し、最後にはサプライズ的にほっぺのチューもありました。

一番最初に会う前は宗教の勧誘されないかな、とか、変な投資話されるんじゃないだろうか、何て警戒していたのに私の中でどんどんガードが緩んでいるのがわかります(笑)

今回は2回目のデートが終わってから、3回目のデートに至るまでのインターバル期間に思ったことや桐谷さんとのやり取りの話です。

2回目のデートは私の中でかなり心が傾くデートになった

2回目のデートは私の心がグググッと桐谷さんに傾いていく大きなきっかけとなったデートでした。

何が私の中で心に突き刺さったか、と言えば私が「ちゃんと段階を踏んでお付き合いをしていきたい」ということに対してその気持ちを汲んでデートをしてくれたことです。

実を言うと、私から段階を踏んで恋愛をしたいと彼に伝えた時点で適当にあしらわれても仕方がないな、って思ってた部分があります。

こんなアラフィフのおばさんでさらにわがままを言うとなれば、めんどくさいと思われてもしょうがない、って。

私としてはちょっと突き放してみて、それで桐谷さんが離れたらもうそれはそこまでの話だった、ということにしようと思っていたのです。

柊ちはる

あんまりこういう試すようなことって良くないんでしょうけどね

だけど桐谷さんは次のデートの約束もしてくれたどころか、水族館というすごくピュアなデートをしてくれたのです。

その彼の私への気遣いが、自分で言うのも恥ずかしいのですが、彼なりの本気を感じられてすごく幸せでした。

ただピュアなデートだけでなく、最後には男らしさと言いますか。
ほっぺにキスをしてくれたことも、逆に私の中の生々しい欲望を同時に搔き立ててくれました。

まぁ、一言で言えばかなりベタ惚れに近くなってます、はい(笑)

Lineの内容がどんどんエスカレートしてきた

そんな私の気持ちを知ってか知らずか…。
というかキスされた時に絶対私が物欲しそうにしてた顔を見ていたので、もう半分知ってのことだとは思いますが…。

桐谷さんからのライン攻撃が2回目のデートの後からさらに激しくなってきました。

今までは桐谷さん自身の趣味の話とか興味があること、日常のことなどをポツリポツリとやり取りする感じでした。

私は不倫ということもあり、メッセージはやり取りしたい反面スマホをずっと見続けてやり取りするのも不倫バレにつながると思ったので、別にポツリポツリと雑談できれば十分と思ってました。

だけど2回目のデートから明らかに桐谷さんからのライン頻度が増えてきました。
時には私が返事してないのに次のLineを送ってきたくらいです。

内容も「会ったばっかなのにもう会いたくなっちゃったよ」とか
「デートした日ちはるちゃんの横顔めっちゃ見てたの気づいてた?(笑)」とか。

明らかに落としにかかってきているような直接的な言い方も増えてきました。

そして当の私もまんざらでもないというか(笑)
このやりとりは今この記事を書いている時間より1年以上も前の話なんですけど、このときの気持ちを思い出すとニヤけられます(笑)

柊ちはる

ずっとスマホが手放せなくなってた時期でしたね

この後桐谷さんとの話はしばらく続いていくんですが、ある意味この時が一番Lineのやり取りが活発だったのかなあ、とも今なら思うんですけれどね。

むすび:次のデートにある予感

桐谷さんとのやり取りをしつつ、次のデートのことなども話したりしました。
やり取りをしながら、私はぼんやりと”もしかしたら次のデートで体の関係を持つかも…”と思っていました。

出来れば次のデートでは告白までで体の関係はその次のデートから。
そして体の関係を持ったとしても、水族館…とまではいわなくともご飯に行ったり、ちょっとしたデートスポットに行ったりして恋人的なつながりは大事にしたいなあー…

なんて先のことを考えている時点でもう付き合える気満々な私です(笑)

そんな思いを秘めつつ桐谷さんとの3回目のデートを迎えるのでした。