独身男性(桐谷さん)との恋愛

独身彼氏との最後の別れ話 なぜ私を狙ったのか等いろいろ聞いてみた(桐谷さん最終話)

桐谷さん最後の会話

桐谷さんとお別れする決心は固めました。
でも最後に桐谷さんが私と何を思って付き合っていたのか。
その考えを知って納得して別れたいと思いました。

私の気持ちに答えてくれた占い師さん。
2週間後の金曜日か土曜日に
「知りたいことがあるから最後に話したい」という割とシンプルなメッセージを送れば彼が応じてくれる、という言葉を授けてくれました。

正直あんなひどい別れ方をして、今も全く反応がない桐谷さんがそんなシンプルなメッセージで反応してくれるのか疑問でしたが…。
でも結局占い師さんの言った通り彼に他の女がいる証拠を見つけ、占い師さんの言うことに反して問い詰めた結果こじれてしまったので…。

今回は素直に言うことを聞いてみようと思いました。
どうせもうほぼ自然消滅状態。ダメで元々、というわけです。

実際に連絡してみたら…

金曜か土曜ということで本当は土曜日に連絡しようと思ったのですが、直前になったら我慢できなくなって結局金曜日に連絡しちゃいました。

「桐谷さん。久しぶり。私からする多分最後の連絡になると思う。
私ね。桐谷さんとお別れする前にどうしても桐谷さんから知りたいことがあるんだ。
何で私と付き合おうと思ったのか?とか。最後にスッキリしてお別れしたいからお話しする時間取れないかな?」

占い師さんからのアドバイスを元にメッセージを送ってみました。

すると数時間ほどしてまさかの返信が!

「俺も最後にスッキリしたいから一回ヤラせてくれない?」と。

開いた口が塞がらない、っていう言葉の意味をこれほど実感した時はありません。

まず返事が来たことにビックリ
ほぼほぼ望み薄だと思ってたのに。
自然消滅状態からよくまた繋がれたものだと思います。

と、同時に内容はゲスの極みでホント付き合う前の桐谷さんと同一人物とは思えません。

でもね。
正直に告白すると、最後に1回エッチするという桐谷さんの提案は心が少しグラつきましたね(笑)
なんだかんだ言って私も未練があるんだなあ、って思いました。

だけどこの提案に乗っかっちゃったらまたズルズルと桐谷さんを受け入れてしまう…。
だから素直な気持ちを吐き出しつつ断ります。

「心ちょっとグラついた(笑)
でも私はちゃんとお話ししたいんだ。
もうこれで最後だし、桐谷さんも後腐れなくしたいでしょ?」

すると
「ま、いいけど。エッチしないなら電話でいい?この後30分くらいなら話せるよ。」

本当は直接会いたかったですが、まぁ電話でもいいか、と思って電話することにしました。

最後の桐谷さんとの会話です。

最後に桐谷さんに聞いたこと

桐谷さん「久しぶり。元気だった?」

桐谷さんの第一声は思ったより元気で明るくて…。
っていうかちょっといつもよりテンション高く…。

「あれ?もしかして…酔ってる?」
桐谷さん「当たり~!」

なるほど。
酔ってるからこれだけテンション高く、私のLineにも返事してくれてしかも「ヤラせて」なんて調子乗ってる感じだったのか…とちょっと納得でした。
いいタイミングで連絡したってことですね。

占い師さんもここまで見通して日にちを指定したのでしょうか…?
そうだとしたらすごいですよね。偶然かもだけど(笑)

桐谷さん「なんだっけ?なんでちはるちゃんを選んだのか、だっけ?」

桐谷さんから切り出してくれたので、そうそう、と相槌をしつつ聞きたいことを聞きました。

ここからは一問一答形式な感じで書いていきます。

桐谷さんに聞いたことはこんな感じです

柊ちはる

なんで私と付き合おうと思ったの?

桐谷さん

年上の女性とエッチしたいと思っていた。サイトで見た感じの雰囲気が
何となく好みに近くアプローチした

柊ちはる

昔から年上好きなの?

桐谷さん

ドラマで石田ゆり子を見てから年上の女性がだらしなくエッチしてる妄想が止まらなくなった。
近場ではブサイクしかいないからマッチングサイトを使った。
ちはるちゃんとのエッチは本当に楽しかったよ(笑)

柊ちはる

付き合ってからエッチばっかのデートになったのは何で?

桐谷さん

もともとエッチ目的で接近したからエッチ以外はやるつもりなかった。
最初普通のデートしたのは安心させるため。
でもちはるちゃんもエッチデートで満足してると思ってた

柊ちはる

私のLineを既読無視したのとかは確信犯?

桐谷さん

エッチさえ出来れば他のことは正直特に興味なかった

柊ちはる

なんでまたセフレを増やそうと思ったの?

桐谷さん

サイトで見つけてエロそうな人だと思ったから。
ちはるちゃんには申し訳ないけど、ちはるちゃんより好みに近いから正直そっちの方に夢中になってる

柊ちはる

いつから?

桐谷さん

接近したのは11月中旬くらいかな
(※大体5回目、6回目くらいのデートの後。初エッチして間もない!)

柊ちはる

本命彼女はどんな人?

桐谷さん

会社の8個下の同僚。昨年末から付き合ってる。
多分結婚するかな~

話している最中あんま嫌な気分にならなかった

と、このような感じで酔ってるのをいいことにあれこれと質問攻めにしました。

桐谷さんは私が今まで接してきた中で一番酔っていて
(というかいつも車なのでお酒を飲むこと自体ほぼなくて、飲んでもあんまり飲まなかったので)
テンションもずっと高くてヘラヘラと答えていました。

なんかもう私とお別れする、新たなセフレも確保している、ということで開き直ってる感もあったのか、心の内をかなり正直に話してくれたと思います。

こうして文字にすると結構ショッキングな内容だと思うのですが…。
桐谷さんがあんまりにもヘラヘラな感じで、清々しいほどのクズっぷりということもあり、なぜか(その時は)聞いてて嫌な気分にならなかったし、1周回って笑えてきました。

桐谷さんは結局エロいことをしたいという欲求に素直なんだなあ、と。
自分は最初からセフレを探していて、桐谷さんから見れば私もセフレという関係に満足していて、WinWinじゃん、みたいな。

柊ちはる

悪気はないんですよね。クズなだけです。

むすび:話を聞いてよかった

最後の最後に腹を割って話せて、本当に良かったと思いました。
話を聞いて桐谷さんの過去の行動の意味が「なるほど!」って理解できたし、改めて私の望む恋愛と桐谷さんの望む恋愛が交わらないことも確認できました

「桐谷さん。ありがとう。最後に話せてすんごくスッキリした。
桐谷さんはカッコよくて正直まぁエッチは良かったよ。
でもクズだなあって思ったけど(笑)
本命の彼女は大事にして、新しいセフレ戦も大事にほどほどにね。」

桐谷さん「お母さんじゃん(笑)ちはるちゃんももしエッチしたくなったら一応連絡してきてもいいよ」

「しないよばーか(笑)」

皮肉にも最後の最後に本当に気軽に話せる間柄になってきて、この感じで付き合えたらどんなに素敵だろうか、って思ったのですが…。

でももうこれで終わりにするってことに決めたので、お別れです。

「じゃあね。桐谷さん。元気でね」

桐谷さん「はーい」

まるでまた今度会うかのような気軽さで最後の会話が終わりました。

こうして私と桐谷さんの関係は終わり、初めてちゃんと付き合った(と言えるかどうかはわかりませんが)不倫関係も終わりを告げました。