ミスターポテト

ミスターポテトの本当に最後の後日談。幸あれポテト!

ミスターポテト後日談

私が桐谷さんとお付き合いする前にPCMAXで出会った男性が一人います。
ミスターポテト…と命名したのですが、記事を順番に読んでいる人は覚えていますでしょうか?

ミスターポテトはまるまると肥えている芸人のイモ洗い坂係長に似ている方です。
そんな見た目にプラスして、私と初めて会った日にハンバーガー屋さんで大量のポテトを手でむんずと掴んで食べていたのでミスターポテトと命名しました。

そんなミスターポテトは今まで女性と付き合ったことがなく、一念発起してPCMAXに登録。
しかしいきなり女性と出会うのも怖いので、まずは年上で恋愛的な展開にならなそうな私で一回慣れておきたい、ということで私と巡り合うことになりました。

私はそんなミスターポテトを応援し、以前やっていたPairsというサイトを紹介したり、写真に関してちょっとアドバイスしたりしました。
そんなアドバイスから数か月経ち、ミスターポテトから彼女が出来た!という報告が。

めでたしめでたし、で終わったのですが、その後1回だけミスターポテトと出会ったので今回はその時のお話し。
あ、ちなみにエロい展開とかはなくて普通に平和に終わりますよ(笑)

ミスターポテトとなぜ再会することになったのか?

ミスターポテトから彼女が出来たという報告をしてからは一応連絡はいつでも取れる状態でしたが、ほとんどとることはありませんでした。

一度だけ彼女が出来た直後に喧嘩しちゃったらしく。
「どうしたらいいのでしょう?」的なメッセージが来たのですが、
「とりあえずちゃんと謝って後は時間が解決するからどんと構えなさい!」とアドバイスをしました。

柊ちはる

ほんと人のことならこんな強気なアドバイスが出来る(笑)

その時に「わかりました!」と返事が来てからはもう音沙汰はなく数か月過ぎていきました。

その数か月はちょうど私は桐谷さんと濃厚なエッチをしてたり、振り回されて辟易してたりする時ですね。

そして結局桐谷さんとお別れをし…。
それから1か月後くらいでしょうか。

急にミスターポテトから連絡がきました。

「ちはるさん!お久りぶりです。
実は明後日ちはるさんが住んでいる場所付近へ仕事でお邪魔する用事があるので、もしちはるさんが良ければお昼でもどうですか?」

と。

私は基本的に自分が住んでいる詳細な場所(○○市とか○○駅とか)は言わないですが、例えば『大阪の東の方』みたいなざっくりした言い方で伝えています。

ちょうどミスターポテトが来るという所は私の仕事場から合流できそうな場所だったので、せっかくならとランチをすることにしました。

私の中でミスターポテトは癒し系キャラなのでちょっと会って癒されたいのもありましたしね(笑)

ミスターポテト君臨す。し、進化してる…

「ちはるさん!お久しぶりです」

スーツ姿で出会うのは初めてなミスターポテト。
スーツを着ると人が良さそうな感じになって、営業職だったらあまり強引に売れなくて苦労しそうなタイプに見えます(笑)
(実際は営業職じゃないのですが)

でも心なしかちょっとだけ痩せているような…。
と思って聞いてみたら

ミスターポテト「彼女のためにちょっとダイエットしたんですよ~」
「ええ!すごいじゃん!何キロになったの?」
ミスターポテト「今は100㎏切ってるんですよ!」
「え?じゃあ私と会った時は100㎏超えてたの?」
ミスターポテト「…はい(笑)」

100kg超えてたのもすごいし、100㎏超えててもあんなボウリングではキレキレの動きなのもすごいし、もちろん愛の力で100㎏下回ったのもすごい。

柊ちはる

やるじゃん、ミスターポテト!

と、こんな感じで私もリラックスしつつ、歩きながらミスターポテトチョイスのお店に向かいました。

そうそう、この会話でもわかるようにミスターポテトは私が出会った時よりも会話が自然にできるようになっていました。
前はこちらが何か話題を提供しなきゃ、と気をもんでいたのに、ミスターポテトは自分から話題を提供したり、私の話にも自然に突っ込んだり、軽く冗談を飛ばしたり…。

うむむ、これが恋の力…!
なんだか若い者が恋して変わっていくのを見るのはいいのう…なんて年寄り的視点になってしまいます(笑)

ミスターポテト、今度はハンバーグを食らう

ミスターポテトが案内してくれたお店はハンバーグ屋さんでした。
土地勘のある場所でしたが、案内してくれたハンバーグ屋さんは入ったことがなかったので、ワクワクしながら入りました。

店内はアメリカンスタイルな装い。
さすがに店員さんはカーボーイでは出てきませんでしたが(笑)
でもアメリカのウェスタンな雰囲気でいただくハンバーグもワイルドな感じがして良いですね。

ハンバーグを待っている間は私からミスターポテトの恋愛についてあれこれと質問攻め(笑)

「どうやって告白したの?」
ミスターポテト「3回目のデートで夜の砂浜で告白しました。素直に付き合ってください、って。」

「最近どこにデートしに行ったの?」
ミスターポテト「ディズニー行きましたよ!彼女にどっちが着ぐるみかわかんないって言われちゃいました(笑)」

「彼女のどんなとこが好き?」
ミスターポテト「優しくて、可愛くて…。えーと、優しくて、可愛い所です(笑)」

…とたっぷり惚気てもらって、ミスターポテトと彼女のツーショットも見せてもらって幸せオーラを浴びさせてもらいました。

そうやっていじっているうちにハンバーグが来ました。
私は標準サイズですが、ミスターポテトは私の2.5倍くらい+ソーセージ2本という相変わらずのボリュームで本当にダイエットしてんのか?って感じでした(笑)

でもミスターポテトはハンバーグを食べるのもすごく似合います。
ミスターポテトが美味しそうにハンバーグを食べてるのは見てるこっちも幸せになって、多分ミスターポテトに料理を作ってあげる彼女も作りがいがあるだろうなァ…なんてボンヤリ思っていました。

あ、ハンバーグはすごく肉肉しい感じでとってもおいしかったです。
肉肉しすぎて香りが服につかないか心配になりましたが(笑)
でも本当にジューシーでまた来たいと思いましたね。

むすび:結婚したミスターポテト

平日でお互いランチ後も仕事があるということもあり、一緒にランチした後は「元気で!」とお互い言いあってお別れしました。

ミスターポテトは恋仲にはなりませんでしたが、私の人生の中で大事な友人になりました。

もちろん積極的に会うことはないし、多分今後もう会うことはないでしょう。
それでもやっぱり友人です。

ちなみに…。
この時会ったのはもう数年前。
数年後の今、ミスターポテトから結婚した!との報告がありました。

コロナもあり結婚式はまだやっていませんし、やっても行くつもりはないのですが。
でも心の中では本当にお祝いする気持ちでいっぱいです。

ミスターポテトに幸あれ!