ミスターポテト

PCMAXで出会ったミスターポテトのその後。幸せへのお手伝い

ミスターポテトその後

人に何かを教えるというのは何もその道の達人である必要はなく、ちょっとだけ先を行くお兄さん(お姉さん)であればいい。
昔々に私が会社で教わったことですが、それを実感することになろうとは。

こんにちは。
柊ちはるです。

今回はミスターポテトとの初デートを終えた後の後日談です。
少し時系列が入り乱れますが、ぶっちゃけこの記事でほぼ収まるくらいの出来事しかありません。

結論から言うと、今もう私とミスターポテトは会っていませんし、特にやり取りもしていません。
そしてミスターポテトは今素敵な彼女がいる(…はず)です。

ミスターポテトとのデートのその後でありながら完結編(おまけは別にして)です。

私からPairsへの登録を提案

ミスターポテトは今までデートしたことがほとんどないと言っていましたが、デート翌日にお礼のLineを送ってくれました。
女性慣れしてないのに天然でやってくれているのだとしたら、やっぱり人柄は良いなあと改めて思いましたね。

で。
私もお礼もそこそこに「ポテトさん。昨日言い忘れちゃいましたけど、女性慣れするのにはPCMAXじゃなくてポテトさんの場合はPairsの方が向いていると思います!」とお伝えしました。

やっぱりPairsの方が全体的に人数も多いし、男女ともに安定感のある人が揃っているイメージがあること。
それに趣味なんかでも繋がれるので、もしかしたらボウリング好きの共通点でカップリング成立するかもしれない。

そんな風に伝えてみると「Pairs知りませんでした。早速使ってみます!」と返事。

今更だけど、なんかいつの間にかもうすっかり私とミスターポテトの間には恋愛関係はない、ってことになってます(笑)
まぁお互いそういう雰囲気を出してたし、ハッキリと言葉にはしなかったけど「私たちは友達で恋人じゃないよね」的なことも私から伝えてましたしね。

柊ちはる

それにしても変な間柄になったなあ(笑)

写真はもうちょっと変えたほうがいいとアドバイスしてみた

ミスターポテトはPCMAXの自己紹介もチャラい感じじゃなかったので、そのままでも十分Pairsで通用すると思いました。

ただ、唯一写真だけはもう少しだけ実態に近いもののほうがいいのでは?とアドバイスしました。
実態に近すぎると確かに写真で弾かれることも増えてしまうとは思うものの、さすがにいくら何でも写真と実態が違い過ぎるので…。

ということを伝えたら
ミスターポテト「やっぱり見た目悪かったですよね…」と落ち込まれてしまったので。。。
「見た目が悪いんじゃなくて、ギャップがありすぎるのが問題なんだよ。私はプーさんみたいで可愛いと思ったし、絶対需要あるよ!」フォローしておきました。

柊ちはる

フォローになってるかわからないけど…(笑)

後日変えた写真を見る機会がありましたが、変える前の写真はカッコつけ路線だったのに対して変えた後は優しい感じ路線。
私は変えた後の方が断然良いと思いました。

時折メッセージがきて、軽くアドバイスする感じ

それからはミスターポテトもPairsに登録して色々と活動しているみたいでした。

以前も触れましたが、そもそもPairsは既婚者登録はタブーですし、松重さんとお別れしてからもうPairsに戻る気力もなかったので…。
本当はPairs上でミスターポテトの頑張りをウォッチしたかったのですが、しませんでした。

ミスターポテトからは時々報告が来ました。

「いいね!しても全然マッチングしません…」とか
「メッセージやり取り出来たと思ったら途絶えちゃいました…」みたいな。

そう言う時は「そのうち縁が合う人と巡り合えるから大丈夫」となだめたり。

「会ってみたいです!ってきたけどすぐにOKしたら軽い男って思われますかね!?」みたいなアドバイスを求められたりも。
それに対しては「マッチングアプリだから会ってナンボでしょ!ゴーゴー!」って返したり。

柊ちはる

他人の背中はバンバン押す私です(笑)

そんな感じでミスターポテトとやり取りしつつの日々を経るうち…

ミスターポテトマッチング!予行演習も頼まれたが…

なんとミスターポテトがPairs上でマッチングし、何日間かのメッセージのやり取りを重ねたうえで会うということに!

ミスターポテトからは「失敗しないように予行演習したいので良かったらまた一緒にデートコース予定の場所巡ってくれませんか?」と言われましたが断りました。

正直私の方もミスターポテトに会って遊びたい気持ちもありました。
でも恐らくミスターポテトの性格的に一度デートコースを予行演習すると本番の時についうっかり「ついこの前も来たばっかりでさぁ…」なんて言いかねないので(笑)

ミスターポテトから「こんなコースで行こうと思うんです」と送られてきたものに対して「いいと思うよ!」とサラッと返して終わりました。

柊ちはる

なぜか私の時と違ってよい意味でデートっぽい感じのコースでした(笑)

祝!ミスターポテトは彼女が出来た!一度だけご飯をご馳走になる

そんなこんなで初めてのデートを無事に終えたらしいミスターポテト。
うまくいった、という報告があり、そこから何回かデートを重ね…。
無事ミスターポテトから「彼女が出来た!」との報告が。

良かった良かった。
なんというかホント良い人なのはわかっていたので、彼女が出来て良かったと心から思いました。
空回りしちゃうこともあるだろうけれど、彼女を大切にする気持ちはしっかり持てる人だと思うしね。

そんなわけでミスターポテトが彼女が出来てからは自然とフェードアウトしていきました。

ただ、その後一度だけミスターポテトと会ってご飯をご馳走になったことがあります。
ミスターポテトが彼女が出来てから半年くらい経った頃かな?
一度私の地元に仕事で来る機会があったので、ランチでもどうか?という誘いがあり、軽くランチを一緒に食べました。

柊ちはる

もちろんその時はポテトを…食べたわけではなく普通の洋食でした(笑)

その時も彼女が出来て幸せでゆくゆくはもちろん結婚も考えている、ということでした。
写真も見せてもらいましたが、綺麗で穏やかそうな人でした。

ランチを食べたときのことは気が向いたら記事にしますね。
まぁそんなに内容があるわけじゃないですが(笑)

むすび:ミスターポテトよ。幸せになるのだぞ

そんなわけでミスターポテト編は終わりです。

なんというかPCMAXという割と欲求に忠実なマッチングサイトからこんな良い人オーラ漂う友人…というか私的には”可愛げのある後輩”って感じですけど(笑)
そんな人と出会って、なぜか最終的に恋を後押しするような関係になるとは思いませんでした。

松重さんもこれから紹介する桐谷さんも堤さんも…。
みんな恋愛関係になっているので、ミスターポテトが特殊なほうだと思うのですけれどね。

ミスターポテトとの時間は私が求めているのとは違ったけど楽しい体験でした。
ある意味これも恋愛感情ではないけれど、別の形で求められたわけですしね。

それに実の息子は私と恋愛の話をすることなくどんどん自分で勝手に恋愛しちゃいますから(笑)
そういう意味で年の大分離れた男性に対してアドバイスするというのも楽しかったですね。

最後にミスターポテトとやり取り(先ほど触れたランチ)してからもう1年以上経ちます。
ミスターポテトが今どこで何をしているのか知りませんし、当時の彼女と続いているのか終わっちゃったのかもわかりませんが…。

私から言いたいのはただ一つ。
ミスターポテトよ。幸せになるのだぞ。