マッチングアプリ

アラフィフ既婚女性がPCMAXで良さげな男性を二人見つけた時の話

ミスターポテトと桐谷さん

PCMAXでのパートナー探しは、最初なかなか微妙な感じではありました。
が、プロフィールを変えたことで比較的まともそうな男性からのアプローチが増えつつありました。

また掲示板機能も利用し『まずはメッセージ(メル友・趣味友)』という所で自分から男性募集もしてみることにしました。

そうした動きの結果、少し気になる二人の男性からのメッセージを貰うことが出来ました。

今回はなぜその2人の男性が気になったのか、ということを中心にお伝えしていきます。

気になる二人との出会い

何人かの男性からメッセージを頂く中でその後、最初のメッセージの印象が良い方は何回かやり取りをしました。

柊ちはる

全体的に最初のメッセージの印象が良い人は少なくとも不快な気持ちになることはほとんどなかったです!

もちろん中には、あれ?やっぱり違うかな…って人もいたのですが、メッセージのやり取りがすごく心地よい方もいました。

それが今回紹介する二人です。

名前は…。
一人は『ミスターポテト』にします(笑)
名付けの理由はこの方とのデート記事で書きますね。

もう一人は『桐谷さん』です。
これも改めてデート記事で触れますが、この方の場合は松重さんと同じく俳優の桐谷健太さんに似ているかなと私が勝手に思ったので仮名として名付けました。
(なので、かなりのイケメンさんだったりします)

ミスターポテトの心惹かれた所

ミスターポテトの心惹かれた所はやり取りからにじみ出る誠実さです。

年齢的には40代前半ということなのですが、メッセージの文章がすごく丁寧で、敬語を使いながらも嫌味な敬語じゃないです。

また私の趣味の分野と被りながらも彼のほうが知らないことがあったんです。
で彼は「そうなんですね~。」なんて送ってきたんですけど、その後しばらくたって「○○、早速見てみましたけどこれすごく良いですね!」なんて送ってきて…。

普通知らないことがあれば「そうなんだ~」で流すところをわざわざ調べたり見てくれたり…
そんな風にしてくれる人ってなかなかいないですよね。

他にもミスターポテトは一生懸命こちらに話題を振ってくれるのがメッセージからもわかるんです。
でもその話題の振り方がちょっと下手というか…。

例えば『好きな野球選手は?』って聞けばいい所を『好きな野球道具のメーカーは?』みたいな感じで聞いてきたりして。
それ、盛り上がる!?みたいな感じなんですけど、そこもなんか不器用で一生懸命感があってすごく良い人だなあって思ったんですよね~。

柊ちはる

なんというか良い意味でPCMAXにいなさそうな人だなあって思いました

桐谷さんの心惹かれた所

桐谷さんの心惹かれた所は文章からあふれるエネルギッシュな所です。
ある意味ミスターポテトとは真逆な部分もあるかもしれません。

何というか…桐谷さんのメッセージって元気なんですよ(笑)

ミスターポテトが私の行ったことを受け止めるタイプだとしたら、桐谷さんは「面白そう!俺もこう言う面白いこと知ってるよ!」みたいな投げ返してくるタイプ

結構その投げ返してくるボールが私にとっても刺激的と言いますか、話していて楽しい、って思えるタイプです。

あと、桐谷さんは何と35歳前後で私より圧倒的に若いです。

それをうまく利用してるのかわかりませんが「同年代でもこんな風に楽しくやり取りできる人いないから
ちはるさんと会えてよかったー(笑)」なんて嬉しいことをサラッといいやがります。

年下のあざとさにやられるのは情けないと思いつつも、やっぱり嬉しい私がいたりします(笑)

今この文章を書いている時点で私は桐谷さんの姿形や喋っているところを既に知ってるので…。
余計そう思うのかもしれませんが、メッセージをやり取りしていて思わず笑っちゃったり元気になるのが桐谷さんです。

柊ちはる

まぁあとやっぱ…イケメンだし(笑)

むすび:そうだ二人に会おう

ミスターポテトと桐谷さん。
どちらもメッセージのやり取りに関してはそれぞれの良さがある。
写真に関しては、桐谷さんの方がイケメン感は漂うけどミスターポテトの方もそんなに悪い感じじゃない(…と、この時は思っていた)

うーん。もちろん第三の男を待つのもアリだけど、この二人はいい感じなんだよなあ…。
でもどっちかにしか会えない…。

ん?いや、そもそもなんでどっちかにしか会えないんだろ?
別に両方に会ってそこでどっちかを選んでもいいし、どっちもだめならどっちもお断りすればいいのでは?

なんか恋愛の常識としてはやめに一人に絞らなきゃいけないような気がしてましたが、別にそんなことない、ということに今更ながら気づき、とりあえず二人と「お茶」することにしたのでした。

ということで次からそれぞれの男性と出会った時のお話しです。