独身男性(桐谷さん)との恋愛

不倫関係の独身彼氏とのデート予定が…ドタキャン!私の対応と成長した心構え

桐谷さんドタキャン

年明け初めて、通算8回目のデートはそこまで荒れることなく終わりました。
年末嫌な感じでLineのやり取りをしたのを考えると変なこじれ方をしないのも良かったです。

一方で占い師さんが言っていた他の女の影はまだ確たるものは見つからず…。
やはり占い師さんが言う2月のデートが勝負なのかもしれません。

デートが終わった後の桐谷さんとは割と普通な感じで過ごしていました。
ただまたちょっとしたモヤモヤした出来事も起きたりしました。

自分がしたい恋愛を確認したことで楽になった

これまで私は桐谷さんとお付き合いしてから「捨てられたくない」「ずっと繋ぎ留めていたい」という気持ちが強かったのです。

アラフィフでとりわけ美人でもない私がこんな素敵な男性とお付き合いできるなんてもう今後一切ない。

宝くじの一等に当たった気分でした。

そんな執着心から多少彼に雑に扱われていると思っても気づかないようにしていました。

でも自分がどんな恋愛をしたいか改めて考え直し、心のつながりも満たしてくれる人こそ私が本当に追い求めているのだと自覚し直したことで逆に私が桐谷さんをいつでも切れるというか…。

私も選んでいい立場だということを思いだしたのです。

柊ちはる

そもそも最初は私がアプローチされて選んだんだし!

目の前の桐谷さんのイケメンさにやっぱり心惹かれる私はいるんですけれど(笑)
でももう一人の自分が陰で「私に酷いことしたらすぐにやりかえしてやるんだから」と桐谷さんを見張ってくれるようになったのです。

桐谷さんを客観的に見ることが出来ている、とも言えると思います。

まぁここまで書いてもちょっとなんのこっちゃって感じの文章になっちゃいましたが(笑)
でもとりあえず占い師さんに相談して自分を見つめ直したことで少し桐谷さんと向き合うのが楽になったということです。

そんな中のデートドタキャン…。本当か嘘か見分けられない!

前回のデートから2週間後の1月末にデートする予定を立てました。
デートの予定は今回は珍しく早めに決まって、その間は相変わらずLineのやり取りはほとんどない状態でした。

まぁ別にLineのやり取りをしなくても会った時に楽しく話せればいいんです。
そう思って淡々と日々を過ごしていたのですが…。

前日の夜、大体いつも「明日は○時にどこに来てー!」みたいな連絡があるんですけれどなかなか来なかったので、私から「明日楽しみだなー!何時ごろ行けばいいかな?」って送ってみたんです。

そしたら

桐谷さん

ごめん、明日のデートまた今度にしていい?

と…。

当然今までそんなドタキャンはなかったのでショックでした。
何のかんので桐谷さんとのデートは毎回楽しみだし、2週間以上前に予定していたデート。
他の用事が入ることなんて基本ないはずなのに…。

どうしても頭の中に「他の女とデートすることになったからキャンセルされたのではないか?」という疑問が湧いてしまいます。

今までの私だったら物わかりの良い女性でいたいがために
「そうなんだ~。残念、でもまたすぐ会えるよね!」とか送って自分から終わりにしてあげたと思います。

ただ今の私はあと一歩だけなら踏み出すことが出来ます。
なので「そっか~。結構大事な用事なの?」と聞いてみました。

返事は「急に友達と遊ぶことになっちゃってさ。ごめんね~」と。

う~~~~~ん。
なんかちょっとリアルっぽい理由…(笑)
正直それだったら以前から約束していた私の方を優先してほしい気持ちはあるんですけれど。
でもそのしょうもなさというか「仕事が急に入って」という変に言い訳しない感じが本当っぽい…。

ということで下手に追求できず「そっか~。楽しんでね。またすぐ会えると嬉しいな(笑)」と返して
終わりにしました。

ドタキャンはひどい行為だけど先入観の決めつけは良くない

今回のドタキャンで少し自分を褒めてあげたいことがあります(笑

それは『他の女に違いない』と思った後に『でもそれは私が占い師さんから他の女がいると聞いて
そう決めつけちゃうからそう思っちゃうんだ。事実は頭の中では作れない』
と思ったということ。

柊ちはる

なんか…カッコイイでしょ?(笑)

つまりね。
「ドタキャン」という行為に色を付けるのは私自身ってこと。

彼が浮気していると思えば「他の女に会いに行くに違いない!」と思う。

でも彼が友達の誘いを断れない人だったとしたら&占い師さんから他の女の存在を聞いてなければ
「ああ、友達が困ってて行ってあげるのかな」って思う。

彼の一つ一つの行動に「好きじゃないからそういうことするんだ!」という先入観で見ると全部そう見えちゃう。
ドタキャンそのものは確かに酷いけど、現状本当のことはわからない以上、ただドタキャンそのものを不満に思って、それ以上変に私の頭の中で脚色するのはやめたほうがいいよねということ。

わたし、それを自分で気づけたんですよ。
すごくないですか?(笑)
ちょっと自分で感動しちゃいました。

むすび:明らかに変わり始めている私がいる

占い師さんと話してから明らかに私の中で何かが変わった気がします。
桐谷さんに夢中になって周りが見えてなかったのが、自分自身や桐谷さんそのものを客観的に見れるようになってきました。

桐谷さんのイケメン具合、セックスしている最中の快感は確かにあります(笑)
でも”それはそれ”って考えられるようになってきています。

この状態なら私も桐谷さんとの心地よい距離感を見つけられるんじゃないかな…。
そんな風に思っていました。