既婚男性(堤さん)との恋愛

既婚男性との4回目のデート 手つなぎチャンスあるも活かせず(堤さん第11話)

既婚男性と4回目のデート

堤さんとの4回目のデートです。

最初会った時と今とを比べれば、明らかに今の方が親密な感じになれてるとは思います。
恋人にはなれてないけれど、少しずつドキドキするような会話も増えてきました。

また占い師さんからも実は両思いでちゃんと形になるということを教えてもらったのも私の中ではすごく勇気がわくことでした。

その中で「もし仕掛けるならデート中手を繋ごうと言ってみるといいですよ」と教えてもらったものの…。
それを実行できるかどうかはまたちょっと気持ち的には踏ん切りがつかないです(笑)

そんなこんなで堤さんと4回目のデート。
今回は海沿いをドライブし、海岸沿いのレストランでパエリアを食べるデートです。

ちょい悪おやじ風な堤さん

待ち合わせ場所に迎えに来てくれた堤さん。
「お待たせしました~」といつもの穏やかな声を聞き顔を見ると…

いつもの普通の眼鏡ではなく、黒いサングラスをした堤さんが!
海沿いのドライブということで、今日はサングラススタイルみたい。
いつもよりワイルドさが増しています(笑)

柊ちはる

堤さん今日はなんかちょい悪スタイルですね(笑)

堤さん

僕はいつも悪いやつですよ(笑)

そんな会話をしながら目的地に向かって車を走らせました。

車を走らせながら色々ととりとめもない話をする中で、今回デートする前1週間ちょっとLineが出来なかった理由である仕事の話を堤さんの方からしてくれました。

もちろん会社名など具体的な名前は出しませんでしたが、堤さんが金融コンサル系の会社に勤められているということがわかりました。

といっても私は金融コンサルって具体的に何をどうするのかよくわからないし、なんか凄そうだ、という印象しかないのですが(笑)

最初に会った時からなんかお金持ち感がしましたが、やっぱりなーという感じでした。

で、そんな話をしながら
「でも堤さん、今日のちょい悪な感じで金融コンサルっていうとなんかすごい『人生の成功者』みたいな感じですね(笑)」

堤さん「いや、僕も今喋りながら、なんか調子乗ってる感じになっちゃってる気がしてどうかなって思いながらしゃべってました」

「大丈夫です。調子乗ってください。」

堤さん「いや、僕は表面的には慎ましく生きたい」

「そうなんですか?表面的には慎ましく生きて深い所では?」

堤さん「深い所では…大胆に」

「大胆に(笑)確かによく考えれば今結構大胆な子としてますもんね」

堤さん「そうなんですよ。でももっと大胆になりたいですね」

おおおお!
もっと大胆に…なりたいですってよ!

堤さんからこうやってちょっとドキッとする発言が明らかに増えてきたのは私としてもすごく楽しいのです。

潮騒のパエリアうまし!

そんなこんなで、お話しをしているうちに今日のメインである海沿いのレストランにつきました。

なんかリゾートなたたずまいで、開放感があっていい感じ!
ザザーン…という潮騒の音が遠くに聞こえ、ほんのり磯の香りも混じっています。

ちょうど夕方に差し掛かってきて日も傾いてきて、夕焼けサンセットって感じ。

柊ちはる

まぁまぶしいのはちょっと辛いけど(笑)

このお店はパエリアが有名ということでちょっとしたオードブルとパエリアをそれぞれ頼みました。

私はパエリアって普段ほとんど食べたりしないです。
今まで何回かレストランでパエリアを食べたことがあったんですけど、ご飯が妙にパサパサだったり、逆に水気が多すぎたり。

ご飯はちょうどいいんだけど、なんか変な香辛料使ってるのか、風味が受け付けないパエリアだったりして…。
なんかパエリアにいいイメージがなかったんです。

でも堤さんが連れてってくれたレストランのパエリアは初めて美味しいと思えるパエリアでした!

ご飯のパラパラしっとり具合もちょうど良くて、味付けも変な香辛料を使ってるわけではなく、魚介の具の美味しいエキスがしっかり染み込んでいて…。

パエリアってスペイン料理だと思うんですけど、この時食べたパエリアはどこか和風っぽさを感じられるようなすごく落ち着く味でした。

「堤さん、このパエリア本当に美味しいです!
私が今まで食べてきたパエリアの中でナンバーワンです!」

堤さん「ですよねえ。僕もここのパエリアは本当に美味しいし、ちはるさんに食べさせてあげたいなーってずっと思ってたんですよ」

うー…!
私に食べさせたいと思ってくれるのが嬉しすぎる…!

堤さん「でも欲を言えば僕はお酒が飲みたかった(´・ω・`)」

「あ、そうですよね。じゃあまた今度は私が運転してきますよ」

堤さん「そうですね。その時はお酒飲みます(笑)」

こういう会話でまだ先がある事を確かめられるのもいいなあ…。

それにしても…
美味しいパエリア、綺麗な潮騒、沈むサンセットビーチ、そして思いを募らせている堤さん…。
2年前の私にこんな心躍る光景があると言っても信じてもらえなかったでしょう。

青春という言葉を使うのは気恥ずかしいけれど、でもドキドキする時間を味わえるというのは本当に何物にも代えがたいです。

手つなぎチャンス!?いやー、無理だよぉ…

デートプランではご飯を食べた後はそのまま帰る予定でしたが、近くの砂浜を少しだけお散歩するということになりました。

お散歩するとなって私の頭の中に真っ先に浮かんだのは占い師さんの「手をつなごうと言ってみても…」という言葉。

こ、これは…
絶好の手つなぎチャンスなのでは!?
雰囲気的には手を繋いであわよくばハグまで出来るのでは!?

と思いながら堤さんと一緒に砂浜を散歩したのですが…。
すみません、手つなぎ提案無理でした(泣

言わなきゃ!と思うと同時に無理だよぉ…と思ってしまい…。
そうこうしているうちに砂浜散歩が終わってしまいました。

今思えば隣歩いている時にさりげなく手を当てちゃうのを何回かやってそのまま「手つないでいいですか…?」っていうとか、色々やり方はあったのにーーーーー!って思うんですけど、その時は言うことだけが頭いっぱいでした。

堤さん「波も穏やかで風も気持ち良くていいですね」
「そうですねー(言わなきゃ言わなきゃ!」

こんな感じで終わりました(笑)

むすび:いい感じにはなってるはずなんだけど…

今回のデートは時間こそ短かったけれど、お互いリラックスして喋れてドキッとすることも言ったりして、いい感じだとはやっぱり思いました。

堤さんがなかなか思いを告げてくれない(匂わせも含めて)けれど、でも占い師さんから彼も私のことが好きと言われてから改めて思うと、やっぱり初回のデートと今回のデートでは親密度は全然違うと思いました。

だからあと一押し…。
何かきっかけがあれば、と思うのです。

次で5回目のデート。
デートは5回目でも最初に知り合ってからはもう半年近くたっています。
もうそろそろ決着を付けたいところです。