既婚男性(堤さん)との恋愛

既婚彼氏と付き合ってから9回目デート バレンタインデーの甘いひと時(堤さん34話)

既婚彼氏とバレンタインデーデート

クリスマスや年末年始は一度も会えず、旅行してから連絡もかなり少なくなっていたので、少しずつ不安が高まってはいましたが、とりあえず年明けにデートが出来て一安心。

年明けのデートから次のデートまでは連絡もいつもくらいの頻度になってきて、ボチボチとやり取りをしながら過ごしていました。
比較的平和な時間が流れていきました。

でもニュースでは少しずつ『アレ』の話題が増えてきて…。
どうなるんだろう…って思いながら、でもまぁそのうち収まるかも、なんて悠長に見ていました。

前回のデートからまた3週間ほど経ち、今回は2月のデート。
2月といえば、そう、バレンタインデー
デート当日はバレンタインデーではないけれど、やっぱりチョコは渡さないとね。

さすがに手作りはちょっと重いかなと思うのと、気恥ずかしさもあり、普通にデパートでチョコを買ってきました(笑)
とりあえず渡せればOKです。

堤さんと9回目のデート(通算14回目のデート)の話です。

のんびりいろんな話をしつつ、世間をにぎわすあのウイルスの話も…

堤さん

やー、今日も寒いねー

トレンチコートに身を包み、車のハンドルを握る堤さんはトレンディ俳優さながら
というのはさすがに褒めすぎですが(笑)

でも改めてみると、顔はまぁイケメンというより優しい感じですけれど、中年男性なのにしっかり体が引き締まっていて、でもムキムキって感じでもなくてホント程よい感じ。

私も含め、もうアラフィフになると普通にしてても普通の体形にならなくて、普通にしてるとブヨってなっちゃうので(笑)
堤さんが普通の体型なのはきっと努力してるんだろうなあ~って。

そんなことを考えてたら
堤さん「なんか凄いこっち見てない?」
「見惚れちゃってた(笑)」

…視線がバレてたようです(笑)

で、そんな会話をしつつ、いつものように雑談をしていたのですが…。
ちょうど2月ということもあり、この時コロナウイルスの話もしていたのを覚えています。

ダイヤモンドプリンセスでしたかね?
あれが横浜に来て大騒ぎしていた時期なので、その話をしていて…。

私たちは神奈川県民でも東京都民でもないので、この時は遠い世界の出来事として「怖いねー」ってある種呑気に話してました。

まさかコロナのせいでこの後色んなことが起きるとはこの時の二人はまだ全然知る由もなく…って感じですね。

今日のランチはお好み焼きやでぇ!

今日も変わらず、ランチ⇒ホテルの流れのデートで定番になっちゃってるんですけど(笑)
でも私としては十分満足です。

今日のランチはお好み焼きです!

堤さん「僕が焼いてあげるからね!」となんだかいそいそしています。
この前のお鍋で私が取り分けたのに触発されたのでしょうか?(笑)

でも堤さんが一つ目に焼いたお好み焼きはちょっと不格好な感じになってしまい、ショボーン(´・ω・`)としていました。

柊ちはる

か、可愛い…(笑)

スマートな堤さんが一生懸命お好み焼きを焼いている姿は本当に素敵で写真を撮りたい衝動に駆られまくりましたが、何とか踏みとどまりました。

不格好に焼いても綺麗に焼いても、お好み焼きはどっちも味としてはちゃんと美味しく、もんじゃも食べたりしながら、お腹ぱんぱんになりました。

ホテルでチョコを渡して…

お腹も膨れた所でホテルへ…。

私の今日の重大ミッションは堤さんにチョコを渡すこと。
ということでホテルに入ってからギュッとハグをした後に

「堤さん、ハッピーバレンタインデー!」
とチョコを渡しました。

堤さん「おおお!ありがとう。開けていい?」
「いいよ~」

と、包みを丁寧に開けると、早速一つチョコを食べてくれました。

堤さん「美味しい~。ありがとう!」

と、ホクホクの笑顔だったので私も嬉しかったです。

と、堤さんがチョコを一つ取り出すと私の口の中に入れてから

堤さん「食べさせて…」と。

私の口の中で少し溶けたチョコを口移しで堤さんの口の中に入れてあげると、堤さんはそれを口の中で溶かして食べて…。

逆に今度は私がチョコを口移しで食べさせてもらって…。

そんなことをしてたら、ホテルを出る時にはもうチョコがなくなっていました(笑)

むすび:このまま甘い日が続けばいいのに…

堤さんと文字通り甘く溶けるような午後のひと時を過ごし、ホテルを後にする私たち

ああ、このままずっと甘い感じで過ごせればいいのになあ…。
でも最近は会う頻度こそ飛び飛びだけど、大きな喧嘩もなくいい感じで過ごせてるし…。

順調にお付き合いできそうだ、と思った私たちにコロナウイルスの影がじわりじわりと迫ってきていました。